2015.09.29 腰のタイプ別姿勢改善体操のやり方

今回は、腰がストレートまたは丸まっている方のための体操をお教えします。

これは腰骨(腰椎)を反りやすくする体操ですので腰の反っている方はくれぐれもこの体操をやらないで下さい。

(腰の反っている方の目安は仰向けに寝て腰にこぶしが入るような方、これは過前弯・腰が反っている方ですので絶対にやらないで下さい。)

①.うつ伏せで腰がストレートまたは丸まっている事を確認します。

②.腕立て伏せの要領で上半身だで起き上がります。腰が痛い場合は痛くならないように腰の角度を調整して下さい。

③・腰の反った状態で深呼吸を2回します。そしてうつ伏せに戻ります。

④.これを5回繰り返します。(絶対に無理はしないで下さい。)

注意点として腰を反った時首も一緒に反る必要はありません。あくまで、腰を反るだけで大丈夫です。

次回は今回の方とは逆の過前弯(腰の反っている方)の体操をご紹介します。